2018年09月17日

猫を捨てた人へ


キャットフードや寄付を頂いており、本来ならそのお礼を先にブログに記さなければならないのですが、
昨日6匹の子猫が捨てられていたので、その報告を先にさせて頂きます。

neko7.jpg

いつもお世話に行く場所のすぐ近くの草むらに捨てられていました。

neko6.jpg

左目がちょっと炎症を起こしているのかな?


この場所にはこのブログに繋がるQRコードを掲示しており、もしかしたら捨てた人も見ているかもしれないので、この場を借りて言わせて頂きます。


猫を捨てた人へ

私たちはもちろん好きで捨て猫のお世話をしています。
避妊去勢手術をしたり、日々のご飯をあげたり、周辺の掃除をしたり・・・大変なことももちろんありますが、基本的には好きでやっています。

あなたは「ここなら誰かが世話をしてくれる」というある種の優しさから、この場所を選んで捨てていったのだと思います。
それほど罪悪感はないでしょうね。むしろ良かったと思っているのではないでしょうか?
私たちに全てを押しつけて、ご自分はスッキリした気持ちになれて、本当に良かったですね。

少々皮肉めいてしまいましたが、あなたが猫を捨てる気持ちもよく分かります。
生き物を飼うのはお金がかかりますし、世話に時間も取られます。
生きていくだけで大変なこの世の中ですから、“猫を捨てる”という方がもしかしたら正解かもしれません。
ただ、捨てた先でも困る人がいるということは忘れないで下さいね。

今後もしも同じような状況になりましたら、どうか一度ご相談下さい。
お力になれるかどうか分かりませんが、もしかしたら何か良い方法が見つかるかもしれません。

正直言いまして、このペースで猫を捨てられ続けると、私たちはパンクします。
そうなると、この場所にいる子たちは皆処分されるかもしれません。
それはあなたも望んではいないでしょう。

勝手な思いを吐露させていただきましたが、ご協力していただけることを切に願っております。


2018.9.17
笠原 英二

posted by カッサン at 17:04| Comment(2) | 猫のお世話
この記事へのコメント
南国市のOです。記事に便乗で申し訳ありませんが、私からも一言言わせて下さい。

9/17 15:00〜15:45まで、猫好きの友人と一緒にお邪魔していました。

14日に2匹我が家にお迎えさせて頂いた時にはいなかった子猫たちがいて、衝撃を受けました。

振替休日ということもあり、ネコ用のおやつをビニールにたくさん入れて、お孫さんと一緒に子猫に触れ合っているご家族や、たまたま訪れた県外の獣医さんが写真を撮られたりする微笑ましい光景の一方で、地面に落ちていたタバコの吸殻を口にいれようとする子猫もいました。慌てて、タバコをゴミ箱に捨てたのですが、ここに、子猫たちを捨てられた方はそういう危険性があることを知っているのでしょうか?

滞在時間中に、パトカーが1台巡回に来ていましたが、♯9110の通報で来たのか、通常業務で来たのかよくわかりません。警官さんたちは車から降りることなく、わずか1分ほどで去って行かれました。

人間、悪い人ばかりではありません。そういう人たちの好意や善意を利用して、猫を捨てていく。これが人間だったら捨てられますか? 猫だから?動物は人間とは違うから?

どうか捨てる前に、猫を保護したり、里親探しを手伝ってくれる場所を役場にでも問合わせて下さい。捨てられていい命なんて、1つもないと思います。

長文、大変失礼いたしました。
Posted by 岡本麻紀 at 2018年09月17日 20:38

Oさん、コメントありがとうございます。
なんでもよく来る猫好きの方が目撃していたようで、車のナンバーをひかえて警察に届けてくれたそうです。
その後はまだ分かりませんが、これでも警察が動いてくれないようなら、ハッパかけに行くつもりです。
警察の方も忙しいからか、面倒なのか、積極的に動いてくれないんですよね。
今回は目撃証拠があるので、ちょっとねばってみます。
Posted by カッサン at 2018年09月18日 18:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: