2019年05月09日

県庁の方とお話してきました


猫たちの寝床になっている建物を、室戸市が撤去しようとしているという記事を以前に書きました。

撤去の危機?

この建物です↓
DSCN0302.JPG


進展がありましたので、報告いたします。

まずは簡単に経緯から。

・住民の誰かがあの建物は見てくれが悪いので撤去しろと市に要請。
・市議および市長が、周囲を管轄している安芸土木事務所に撤去要請。
・安芸土木事務所が反対。

ここまでが以前書いたあたりです。
その後。

・県庁と室戸市で話し合い。(大ごとか?)
・動物愛護に力を入れている県庁が室戸市を説き伏せて、とりあえず現状維持が決まる。

というわけで、とりあえず撤去は免れました。
県庁には感謝です。

んで本日、事の経緯を詳細に知りたいのと、今後どうしたら良いのかを相談するために、県庁の動物愛護推進担当の方とお話させて頂きました。

動物愛護担当の方だけあって、私達の活動にとても理解がありました。
有意義な会話をさせて頂き、本当に感謝しかありません。

話した内容は大まかに以下の3点です。

・県庁と室戸市の話し合いの内容。
・他の地域での見守り活動の実例。
・今後どうしていくか。

ここでは「県庁と室戸市の話し合いの内容」を大ざっぱにお伝えします。

まず室戸市は「とにかく建物を撤去する」、「無責任な猫のエサやりはやめさせる」という方針。

それに対して県庁の方はこう言ってくれたそうです。
「猫は避妊・去勢してくれているので、決して無責任ではない。猫を捨てる人が悪いのであって、世話をしている人は悪くない」
「見方を変えれば、捨て猫を放っておけば様々な問題が噴出していたかもしれない。世話をしてくれている人たちがそれを解決してくれている。その解決の拠点となっている建物を壊す必要があるのか?」

室戸市側は渋々撤退していったそうです。
ざまーみろ!

ただ、これはあくまでも県庁側の見方なので、室戸市側からしてみれば反論などもあると思います。
室戸市の関係者の方がこのブログを見ておりましたら、是非ともご意見頂きたいものです。


とまあ、とりあえず一悶着は収まりましたが、これで問題が解決したわけではありません。
猫を捨てるのが一番の元凶なので、それが少しでもなくなるよう、地道に活動していきます。



posted by カッサン at 18:58| Comment(4) | 猫のお世話

2019年05月08日

東京都のF様、ありがとうございます!


東京都のF様からご寄付を頂きました。
いつもいつも本当にありがとうございます。

おかげさまでにゃんこたちは元気でやっております。

にゃんこたちにもF様のことは伝えておりますので、感謝しているとおもいます。多分(^_^;)

またお会いできるのを楽しみにしております!
posted by カッサン at 19:10| Comment(0) | 感謝<(_ _)>

2019年04月20日

福岡県のJB様、ありがとうございます

福岡県のJB様から、ご寄付をいただきました。
ありがとうございます!!

寄付金は有意義に使わせていただきます。

本当にありがとうございました!
posted by カッサン at 08:27| Comment(0) | 感謝<(_ _)>